心のモヤモヤとの付き合いかた

生活
この記事は約5分で読めます。

仕事で嫌なことがあった、友達と気まずい仲になった、自分のしたことが失敗したー 生きていればつらいことや悲しいことが起こります。そんなとき、人は正しい判断がうまくできないものです。心がモヤモヤしている、なんともいえない心地悪い感覚があるとき、みなさんはどうしていますか?

結論から言います。考える時間を減らす、それだけです。考えないというのは現実逃避と思うかもしれませんが、考えてもどうしようもないことも多い。でも、なにもしないと考え込んでしまう。一人で考え込んでもいい考えやアイディアは浮かばない。考えたり悩んだりする時間って、どんなときかわかりますか?それは、自分が何もしていないとき、考えられる余裕があるときなのです。ではその時間をいかに減らすか、今回は僕がしているもやもや解消の方法を紹介します。

身体を動かす

じっとしていたら、いろいろ考えちゃいます。じゃあ、じっとしていなければいい。立ち上がって身体を動かそう!…という単純な思考です。実際運動を始めればそっちに集中するようになりますし、よほどでない限り運動中に悩むことはほとんどないでしょう。そして運動後は汗をかいてすっきりできます。すぐにシャワーやお風呂に浸かって疲れを取ってあげれば…もうぐっすりと眠れることは間違いなしです 笑
単純ですが、僕が嫌なことがあったときに一番するのが身体を動かすことです。現実逃避かもしれませんが、別に構いません。嫌なことや悩みことから一度距離をおけますし、運動後は心も身体もなんとなくすっきりします。もちろん単発的に運動をするのも構いませんが、習慣化できれば健康的にもいいですよね。
余談ですが、スポーツなどで身体を動かすと、自律神経の働きが整えられるので抑うつ効果もあるそうです。

睡眠をとる

考えないもう一つの方法は、ずばり寝ることです。睡眠に入ってしまえば考えることはないですからね。睡眠の一番の効果は疲労回復ですが、寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。このホルモンによって代謝が促進され、自律神経が整えられます。ですが、一つだけ落とし穴があるので注意。それは眠くないときに無理やり寝ようとすると逆効果だということ。寝よう、寝ようと思っても眠れませんし、むしろ考える時間を作ってしまいます。

心がもやもやしているときは、眠れないことが多いと思います。だからこそ、僕は運動をしてから睡眠に入ることをお勧めします。身体を動かすことによって多少の身体的疲労が生まれるので、必然的に眠くなることが多いです。心のもやもやも、身体的な疲労も両方解消すると、いう意味でも併用するといいでしょう。

紙に気持ちを書き殴る

紙とペンがあればすぐにできます。なんでもいいので机に向かって気持ちを書いてみましょう。なぜもやもやしているのか。どんな気持ちなのか。どうしたいのか。いろいろ書いていくうちに、気持ちが整理されてきます。今の気持ちに対して丁寧に整理して向き合ったとき、次に自分がすべき行動が見えてくるかもしれません。

そして、気持ちを紙に書き連ねる以外にも方法があります。それは、関係ない字や絵をひたすら書くことです。正直字や絵が好きな人は、この方法が一番おすすめかもしれません。僕がこの方法でもやもやと戦っているときは、ただ無心になって丁寧に字を書いています。普段の字ではなく、丁寧というのがポイント。綺麗に書くためには集中力がいりますので、他のことを考えている余裕がなくなります。また、自分が納得できる字をかけたときは謎の達成感が生まれるんですよね。笑 現実逃避場面でけっこうやっていたおかげで、比較的字が上手く書けるようになりました()

信頼している人と話をする

思っていることを口にするだけで、心は軽くなります。もしかしたら言えないこともあるかもしれませんが、少しでも話せることはあるはずです。相談したら迷惑かと思われるかもしれない、と思いますか?僕はずっと思っていました。ですが、逆の立場で考えてみてください。自分が信頼している人から相談されたとき、見放そうと思いますか?そんなことないですよね。少しでも相手の力になってあげようと努力すると思います。

あなたも同じです。周りの信頼している誰かが、あなたのことを優しく受け入れてくれます。一人で悩むことは自分を苦しめるだけ。周りに頼る勇気を持ちましょう。

家の掃除をする

部屋と心はリンクしています。部屋が片付いていれば心も整理されていますし、逆に部屋が汚ければ心も不安定になっている。自分自身に余裕がないからこそ、心も身の回りも荒れてしまいます。だからこそ一度立ち止まり、部屋の整理整頓に力を入れてみましょう。僕が大切にしているポイントは、普段掃除しないところも徹底的に綺麗にすることです。始めるのは億劫かもしれませんが、始めたら意外とのめり込めます。そして綺麗になった部屋をみたとき、達成感と爽快感を味わえるでしょう。

心は見えませんが、部屋は目にうつります。身の回りの目に映るものを整理すれば、自ずと気持ち整理されて落ち着きます。気分を変えるという意味では、併せて模様替えもいいかもしれませんね。

好きなことを好きなだけやる

時間があるなら、自分がしたいと思ったことを思う存分やってみましょう。例えばYouTube、映画やアニメ、そしてゲームなど…。普段はやりすぎると後悔してしまうことも、時間を気にせずやってみると気分が晴れるかもしれません。

終わりに

いかがでしたか。今回は心のモヤモヤとの付き合い方を紹介しました。一番大切なのは、一人でため込まないことです。悩んでいるとき、苦しいときはどうしても悪い方向へと考えてしまうもの。そうなる前に行動することが大切です。ここであげたこと以外にも、肩の荷をおろす手段はたくさんあります。ぜひ自分にあったもやもやの晴らし方を見つけ出し、上手く付き合っていけるようにしましょう。

コ メ ン ト

タイトルとURLをコピーしました