シンプリストになるには?

こんばんは、たびです。

今日は、シンプリストになるために必要なことを共有します。
自分で「シンプリストです」っていってしまえばシンプリストなのかもしれませんが(笑)
それでは話にならないので、僕の捉えているところをご紹介します。

そもそもシンプリストってなに?ミニマリストと何が違うの?と思う人が多いかと思います。
ミニマリストという言葉の方がよく耳にしますし、イメージしにくいのではないでしょうか。
一言で言えば

シンプリストは

「ものごとを単純化して捉える人のこと」

ミニマリストは

「必要最低限のもので、最低限の暮らしをする人のこと」

です。ミニマリストは最低限のもので生活をしますが、シンプリストはものを減らすのではなく、自分の好きなものを大切にするという点を重視します。似ていますが、ここが決定的な違いです。

正直、数年前まではミニマリストになろうと思っていました。だって、かっこよくないですか?ですが、物が思うように捨てられずすぐ挫折しました(笑)
一方で、シンプリストはものを捨てなきゃいけないわけではないので、ミニマリストになるよりもハードルは低いです。普段の生活から少しだけ考え方を変えるだけで、すっきりします。

シンプリストになってよかったことはいくつかあります。

・お気に入りばかりだからワクワクしている
・もの自体が少ないので、きれいな状態を維持できる
・選択する手間がほぼないので、自分の時間を確保できる
・お気に入りを大切にするから浪費が抑えられる

いいことたくさんです。
なにから始めればいいの?って話なんですが、次の2つのことを繰り返すだけです。

不要物を手放すこと
お気に入りを探すこと

不要物を手放すことについて
「それじゃミニマリストと同じじゃん」って思う方も多いですが、ちょっと違います。
ミニマリストは必要最低限なので、ものを捨てることに抵抗がある人には苦しいと思います。一方でシンプリストは、別に無理して捨てることないんです。例えばアルバムといった思い出が形になっているものも捨てる必要は一切ありません。自分が必要なら、持ってていいと思います。
軽めの気持ちで、身の回りの整理をすることをしてみましょう。過去1年間をさかのぼって考えたとき、使っていないものとかありませんか?片付けてみると、意外とすっきりしますよ。

その次は、お気に入りを探すこと。つまり、こだわりを持つことです。僕はとても重視しています。あるもののジャンルでお気に入りを見つけられれば、正直それ以外いらないんですよね。目移りもしないから悩む時間もなくなります。ですが、すぐに見つからないので、いろんなものに触れていくことが必要です。

そして、また所有物を見直したとき「あれ、これいらなくない?」っていうのが出てきます。不要物の顕在化ですね。それを手放せばよいのです。これを繰り返せば、おのずと身のまわりがスッキリし、好きなものだけに囲まれる素敵な生活に近づきます。
まずは、手放していいかな、と思えるものを手放してみましょう。きっかけづくりのための小さな行動が何よりも大切です。

それでは、また明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました