シンプリストの服の選び方

こんばんは、たびです。

服って、どのような基準で選んでいますか?
・デザイン性
・機能性
・使われている素材
・ブランド
など、基準はさまざまかと思います。

毎日身につける欠かせないものなので、お気に入りのものを着たいですよね。
今回は、シンプリストの服選びの基準をお話したいと思います。

結論からいうと 汎用性 です。

汎用性とは、ひとつの用途だけでなく、さまざまなことに広く利用したり、応用したりできる性質を表します。例えば、一般的なシャープペンシルと比べて、多機能ペンの方が様々な場面で活躍しますよね。そんな感じです。
つまり、さまざまな場面で着られるものを念頭に購入しています。

汎用性が高いものもつことで、所有物を最小限に抑えることができます。
僕の目指す暮らしは、限りなくシンプルにすることです。時間を有効活用したいからこそ、日々行われる小さな選択の時間をできる限り無くしたいという思いがあります。衣服選びも小さな選択の一つです。
「今日はどれを着ようかな」…確かに見た目を気にすることは大切ですが、その時間がもったいなく感じてしまいます。選択するものがなければ、それを着るしかなくなるので僕は楽です。
この点を考慮すると、汎用性の高いものは最高なんです!
もちろん、汎用性がいくら高いからといってすぐに飛びつくわけではありません。やはり自分の好みがありますので、デザイン性であったり、着心地というのもしっかり考えます。

僕がもっているトップスは、白Tと白シャツのみです。
白Tはおなじみ HanesのBEFFY-T がメイン。UNIQLO-UやchampionのT1011も着用しています。重さのあるTシャツがよいですね。
白シャツは、無印良品のスクエアシャツを着用しています。これは個人的にフォルムがドストライクでした。

Processed with MOLDIV

今になってはシンプルのものが大好きですが、学生時代は結構奇抜なものを身につけていた記憶があります。赤や黄色といった原色のアウターを着用したり、総柄シャツを何枚も持っていたりと…今では絶対着ないものを着ていましてた(笑)当時はそういうのが好きでした。
ですが、今の僕が白や無地が好きなのは、さまざまなものに触れてきたからだと思います。服に限らず、いろんなものに手をつけること(経験すること)は大切ですよね。

…話がそれてしまいました。
まとめると、汎用性の高いものを選択するという行動で、シンプル志向へと近づくことができます。今回は衣服を中心に話を進めましたが、どんなものにも当てはまります。ぜひ何かを購入するというとき、汎用性を意識してみてください。

では、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました